hakariのテーブル
2011.11.07

houtou.JPG

気づけば早くも11月。

暑かったり寒かったり、相変わらずでこぼこな気候が続いていますが、

空気の透明度は増し、日もだいぶ短くなりました。

みなさん、体調崩されていませんか?

 

さてさて、写真は手打ちのほうとうのプレートです。

母が粉をこね、祖父が麺を打っています。

 

毎年恒例になったほうとうプレートは、

年配の方にはもちろん、 若い方にも大好評。

帰りがけ、庭仕事をしている祖父に

「おいしかったです」と声をかけて下さるお客さまもいて、

祖父は照れながらも、とてもうれしそうです。

祖父が老人会やゲートボールで留守にしない限りは、

しばらくメニューに入れる予定。

 

  寒い季節にぴったりの、甲州名物の手打ちほうとう。

ぜひたくさんの方に召し上がっていただきたいです。

hakariのテーブル
2011.07.03

DSC_0028.JPG

いよいよ待ちに待った桃の季節がやってきました。

大北農園自慢の桃、今年もとてもおいしいです。

写真は桃のコンポートと豆腐クリーム、手作りグラノーラを

重ねた桃パルフェ。カルダモンの風味が爽やかにきいています。

 

大北農園では桃のご注文を承っています。

http://nouen.o-kita.net/

 

また、通常の発送には入れられないハネものも、hakariの店頭でお求め

いただけます。(天候や桃の成長によって収穫できない日もあるので、

毎日あるわけではありません)

 

山梨の夏の味覚、ぜひ味わってみてください。

hakariのテーブル
2011.06.04

DSC_0018.JPG

朝露で湿った庭の木々の間からカッコウの鳴き声が聞こえると、

ああ、今年もいよいよ夏が始まるんだなと思います。

妙にわくわくして楽しくて、でも同時になんだか途方もないような気持ち。

やはり今年も暑くなるのでしょうか・・・

 

近頃のプレートはこんな感じです。 

 

玄米ごはん

キャベツと押し麦のスープ

厚揚げのココナツトマトカレー

新たまねぎのロースト

ファラフェル

切干大根のサラダ

青菜のおひたし

レタスサラダ

 

 

hakariのテーブル
2011.05.10

DSC_2440.JPG

3月から働いてくれているスタッフのアヤコさんは大のワイン好き。

ソムリエの資格も持っていて、今は自分で葡萄の栽培もしています。

お酒にめっぽう弱く、知識もまったくといっていいほどない私に

とって、 アヤコさんは本当に心強い存在。

そんな彼女がhakariの料理に合うおすすめワインを

選んでくれました。

 

 

・甲州シュールリー 2010(ルミエールワイナリー) グラス400円

山梨の地品種ともいえる地元の甲州葡萄で醸したワイン。

控えめで上品な柑橘の香りと旨味が、野菜サラダやスパイスを

使った料理など、幅広く引き立ててくれます。

 

・南野呂ベイリーA 2010 (ルミエールワイナリー) グラス400円

一宮町南野呂地区のマスカットベリーAを100パーセント使用した

地ワイン。イチゴのような甘い香りと爽やかな味わいが、繊細な

料理の味をしっかりと支えてくれます。

 

ルミエールワイナリーは、hakariと同じ一宮町内にある

老舗ワイナリーです。

 

そして、写真がないのですがもう一種類。

・キャネーデラウェア+2010(金井醸造) グラス600円

有機栽培のデラウェアを自然発酵して醸したワイン。すっきりとした酸と

自然な造りから由来する優しい味わいと旨味が、季節の野菜、大豆や

穀類などの旨味を更に引き立ててくれます

 

おいしいワインと 旬の野菜料理、緑が茂る初夏の景色を眺めながら

ゆっくりとランチタイムをお過ごしください。

いかがですか?

 

 

 

hakariのテーブル
2011.05.07

DSC_2434.JPG

近頃のランチ。

ベジミートを使ったマーボ豆腐が好評です。

玄米ご飯にかけてマーボ丼にしてもおいしい。

 

土用が明けたので、おじいちゃんに野菜の苗を植えてもらいました。

弾けるような真っ赤なトマト、みずみずしく爽やかな香りのきゅうり、

濃い紫色の茄子のむちむちとした手応え。。。

気候もだいぶ夏よりになり、早くも夏野菜が恋しいです。

 

hakariのテーブル
2011.04.11

DSC_2403.JPG

桃畑がかわいらしいピンクで埋め尽くされています。

先日のお花見ランチのもようと、お花見弁当。

あいにくのお天気で、3日間中、畑で召し上がっていただけた

のは昨日10日だけでしたが、今年もご好評をいただきました。

 

DSC_2395.JPG DSC_2411.JPG

家の周りは今がちょうど満開。

あと一週間くらいは咲いているかな。

 

hakariのテーブル
2011.02.24

教室5.JPG先日23日、ベジ料理の会の記念すべき第一回目が無事終了しました。

参加して下さったみなさま、どうもありがとうございました。

なにぶん初めてのことでけっこう緊張したのですが、

あたたかなみなさまの雰囲気のおかげで私自身も楽しい

時間を過ごさせていただきました。

 

今回作ったのは・・・

玄米ご飯

車麩と大根の角煮風

野菜の重ね煮の豆乳味噌スープ

キャベツのマスタードサラダ

 

どれも本当においしくできました。

 

 

教室2.JPG今回は定員の8人中4人が男性という、

お料理教室ではちょっとめずらしい現象が。

今や家事は女性だけの仕事という時代ではないので、

こうして男女問わずいろいろな方にベジ料理の楽しさを

感じていただけるとうれしいです。

そして、ご自分の感じた小さな「おいしい」や「楽しい」が

世界平和にも繋がっているということを、少しでも意識していただければと。

 

さて、ベジ料理の会、次回は3月20日(日)です。

 

 

 

hakariのテーブル
2010.12.17

DSC_2332.JPG

何につけても無精な私。ブログも然り。

気付けば更新は多くて月2、内容はほぼ「お休みのお知らせ」という、

店としてありえない状態に。

お客さまから「ブログ見てます」「更新楽しみにしてます」「忙しそうですね」

などとプレッシャーを、いやいや!やさしいお言葉をかけていただく度に、

罪悪感で胸をいっぱいにしております。

 

さて、久しぶりのプレートです。

・玄米ご飯

・かぶとじゃがいものスープ

・豆腐のトマト煮

・大根ソテー

・ひよこ豆のマスタードマリネ

・白菜とニラの浅漬け

・ひじきペーストのカナッペ

・レタスサラダ

 

寒さが一段と深まり、畑の野菜もぐんと甘味を増しました。

冬の野菜には、私たちが寒い冬を元気に過ごすために必要なエネルギーが

たくさん詰まっています。

偉大な自然に、素材の命に、その背景にある多くの手間と愛情に感謝して、

明日もまたはりきってご飯を作ろう。

hakariのテーブル
2010.07.27

DSC_2215.JPG

 

桃を筆頭に、毎日畑からあふれんばかりの農作物。

多少の傷ものや、色や形のあまりよくないものは

せっせとジャムやコンポートにします。

 

○桃とカルダモンのジャム

○トマトとブラックペッパーのジャム

 

白砂糖ではなく、てんさい糖で作っています。

店頭で販売中。

hakariのテーブル
2010.07.19

 

DSC_2170.JPG

夏にぴったりの、自家製ドリンクのご紹介です。

 

右は去年も大好評だった桃ジュース。

母がお友達から作り方を伝授してもらい、それから毎年作っています。

桃果汁100%のストレート。もちろん甘みも加えていません。

絞ってから濾しているので、ネクターのようなどろどろ感がなく、

濃厚でいて、さらっと爽やかな口当たりです。

先日は東京のマクロ友達御一行様が、桃狩りついでにジュース作りを

手伝ってくれました。ありがとう!!

おかげさまで、夏を過ぎてもしばらくは桃ジュースを楽しんでいただけそうです。

 

そして左はミントシロップジュース。

暑さに負けることなく、わさわさと元気いっぱいに茂った畑のミントとセージを煮出し、

甜菜糖でシロップにしました。

こくのある甘みの中にすぅっとハッカの香りが立ちあがる、

とっても夏らしいジュースです。

 

 

DSC_2167.JPGのサムネール画像のサムネール画像

こちらはそれぞれの、素。

 

 

もうひとつ、ただいま冷蔵庫の中でじわじわとにじみ出ているのが

梅シロップ。庭の梅を、シナモンや八角などのスパイスと一緒に

甜菜糖で漬けたものです。

こちらの出来上がりはもう少し先になりそう。

 

 

 

 

 

【PR】 毛穴 糖尿病